大和田幼稚園

自ら考え行動できる子

幼稚園という社会に出て、子どもたちは初めて家族以外の「他人」と出会います。その中で、成長していくためには自分で考え、判断し、行動する力が必要です。その力をつけることで自分をしっかり表現できるようになります。

すなおで明るい子

子どもが生まれつき持っている素直さ、明るさをどんどん伸ばしてあげたい。素直なこころは物事をたくさん吸収することができます。明るい表情は友だちをたくさん作ることができます。そのような本来持っている良さ伸びるよう声をかけていきます。

いのちを大切にする子

いのちを大切にすることは、人間を大切にすることでもあります。他人もいろいろな考えや感情をもつ自分と同じ人間であることを知れば、自然に親しみがわき、敬う気持ちが生まれます。身近な花や昆虫も含め、あらゆるいのちを大切にする気持ちを育むよう声をかけています。

感謝と思いやりのこころをもつ子

古くて新しい言葉が「思いやりと感謝」です。人に何かしてもらったとき、心の中には感謝の気持ちが生まれ、「ありがとう」の一言が言えるようになります。また、自分が人にしてあげるとき、人を思いやるこころが育っていきます。いまのような時代だからこそ、人としての基本をぜひ身につけてもらいたいと思います。

我慢できる子

自分を出す時、抑えるべき時を判断できる。それぞれの理由を自ら理解し、行動に移せる。自分をコントロールすることが必要な時が、これからたくさんあります。ぜひ、その能力を身につけてもらいたいと思います。一方でたくさん遊び込むことで、深い満足感、達成感を体験し、心の幅が広がるよう見守っています。